pxt00002478542901.jpg pxt00005838379001.jpg pxt00006315099101_20200924194404485.jpg pxt00006252813401.jpg pxt00003297996301.jpg pxt00006385205901.jpg

子どものために
すべての時間がある

SUMIDA
KINDERGARTEN

 
 
大切なことは、子ども一人一人に「楽しい!」を体験させること。
そのために 制作活動も、音楽活動も、言語活動も、運動にも
みんな、専門家がクラスの中で子どもたちと一緒に活動する。
本当に楽しい時間を体験するために。

令和3年度入園に関するスケジュールのお知らせ

墨田幼稚園の入園説明会にご参加いただきました皆さまへ。
 
先日は、猛暑の中、またコロナ禍の中、当園の入園説明会にご参加をいただきありがとうございました。皆様のお子様に対する愛情を感じさせられた1時間あまりでした。これからの子育て、3年間という短い時間ではありますが、お子様と保護者の皆様のよきパートナーとなれれば幸いでございます。
さて、そのおり申し上げましたが、手続に関する日程をお知らせいたします。
万障お繰り合わせの上、ご対応いただきますよう、お願い申し上げます。

  スケジュール並びに詳細資料配布の開始  9月29日 火曜日 午前9時より
受け渡しの際、細かいご質問やご相談などを希望される場合は、あらかじめお電話にて来園時間と内容をおしらせください。

令和3年度入園に関する
スケジュールのお知らせ

墨田幼稚園の入園説明会にご参加
いただきました皆さまへ。
 
先日は、猛暑の中、またコロナ禍の中、当園の入園説明会にご参加をいただきありがとうございました。皆様のお子様に対する愛情を感じさせられた1時間あまりでした。これからの子育て、3年間という短い時間ではありますが、お子様と保護者の皆様のよきパートナーとなれれば幸いでございます。
さて、そのおり申し上げましたが、手続に関する日程をお知らせいたします。万障お繰り合わせの上、ご対応いただきますようお願い申し上げます。
 
スケジュール・詳細資料配布開始 
9月29日(火) 午前9時より
受け渡しの際、細かいご質問やご相談などを希望される場合は、あらかじめお電話にて来園時間と内容をおしらせください。

pxt00005155478001.jpg pxt00005076836601.jpg pxt00005492102401.jpg pxt00003523404901.jpg pxt00005471308701.jpg pxt00001748688601.jpg pxt00004911230001.jpg

墨田幼稚園はおべんきょう幼稚園
という噂がありますね?

遊びも、学びも、運動もしっかりやっているんですけど
なぜか、かたよってみられてるところがあるようなんですね。
私立小学校へ進学できたりするのは、あくまでも結果であり、それを目標に指導をしているのではないのです。けれど、その噂が、あたかもお受験教育を行なっていると思われてしまうようです。

園庭が広くないようですが、運動面はどのような配慮をされていますか。

子どもたちは楽しそうに遊んでいます。運動面でいうと、オリンピック代表も所属するハンドボールチームのレギュラー選手が先生として入ってくれているんです。最近ではドイツ発祥のスポーツプログラム「バルシューレ」を取り入れて子どもたちの運動能力向上にも勤めています。

子どもの能力が高くないとついていけないようなカリキュラムですね。

そうですよね、すごい内容ですものね。萎縮しちゃうのもわかります。でもね、授業をするわけじゃあないんですよ。子どもへの与え方があるんです。学習の離乳食みたいな(笑)でも、それはプロがいればこそなんですけどね。大事なことは、子ども一人一人に異なる時間が流れていることを指導者が意識する事なんです。そのための少人数クラスなんです。

先生の数がとても多いようですが。

実際に、多いです。クラス担任以外に先ほども触れましたが、プロの先生方が来てくれているんです。その方々は朝から子どもたちの活動に担任と一緒に参加してもらっています。だから、外から来た人には多く見えるんですよね。専門の先生が加わることによって、子どもだけでなく先生のスキルも向上する。だからクラス全体の学習のクオリティが上がるんです。

シンガポールの幼稚園と提携されていますよね。

イーズインターナショナルプレスクールです。英語の学習プログラムでお世話になることから始まり、世界の教育、海外から見た日本の教育などについて意見交換するとともに、職員をシンガポールに研修に出して受け入れてもらっています。職員にグローバルのなんたるかを実際に肌で感じ取ってもらう。それによって、世界での日本の教育へもっともっと目を向けてもらいたんです。

バスを2台、運行してるんですね。園児数から考えると、普通1台で十分では?

そこまでして園児を集めたいのかと思われたでしょ。普通そうですよね。でも、違います。できるだけ早い時間に園活動をスタートさせたいのです。9時に全体指導開始、遅くとも9時半には全員。ご存知ですよね、幼稚園て文科省管轄で、学校であること。先生は保育士ではなくて教諭であること。ここは教育機関なんです。つまりきちんと指導する時間をきちんと確保しなくて半裸ない。それがバス2台です。

グローバル化を標榜されていますが英語教育はどのようにされてますか。ネイティブの先生はいらっしゃいませんよね。

イーズ幼稚園の時に言いましたが、そこで開発されたフォニックスの教材を使用しています。英語って週1回程度の指導でどうにかなるものではない考えています。できるだけ毎日、それも定着する指導でないと。そこで動画を用いて子どもたちと遊んでいます。私と専門の先生が普段の生活でも折に触れ英語で会話しますので、子どもたちも英語で返してくれるんですよね。こうして生活の中で、バイリンガル化していくんです。